お問い合わせはこちら

ダイワ 掛けタイラバ 前編?

Pocket

ダイワフィールドテスター

後迫 正憲さんの為になるお話し!

?前編?

掛け鯛ラバについて!

 

image

ダイワの鯛ラバブランドである「紅牙」から昨年発売になり話題となったtype-Kと言うロッドをご存知でしょうか?!

テレビや釣り雑誌等でご紹介させていただきましたのでご存知の方も少なくないと思いますが、type-Kの(K)は掛けと言う意味で名づけました。

そこで問題ですが、掛けと言うのはまさに鯛ラバで掛けて行くということで、乗せの釣りが基本である鯛ラバにおいて掛けていくとはどういう意味でしょう。
結論を出す前に少しだけ鯛ラバゲームの基本をお話させていただきます。

皆さんもご存知のように鯛ラバゲームの基本は着底させたリグを巻き上げるだけの単純な釣りですが、巻き上げの幅やスピードを変えるだけで真鯛の反応が変わるのはもちろん、選択するカラーや形を変えるだけでも釣果に大きく左右するほど単純でありながらも奥の深いゲームです。

鯛ラバゲームが流行して10年近くになりますが、その間メーカー各社の努力により様々な進化があり、鯛ラバゲームが身近なものになりました。上級者はもちろん、魚釣り未経験の女性やお子様でも手軽に真鯛を狙って釣れるようになったのもタックルやリグの進化によるものです。進化と言う意味では固定式が主流であった鯛ラバが遊動式に変わったことで針掛かりしてもバレることが多かった釣りをキャッチ率の高いものに進化させたことも業界の研究成果です。

タックルやリグは進化を続けていきますが、10年経っても変わらないことこそ基本なのです。つまり、アタリがあっても合わせるな!と言う基本は変わらないと言うことです。

基本ですので変わらなくて当然ですよね!? 

それでは何故いま「掛け」と言うタックルを発売するのか?と言う疑問を抱かれるのは当然です。

そもそも掛けの鯛ラバとはなにか?? 文字通り鯛ラバで掛けていく釣り方ですが、これについては次号!(笑)

気になる続きは、後編で😁 ?

 

facebook

saigai

saigai

『NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会』(略称:SSYK)

『NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会』(略称:SSYK)