お問い合わせはこちら

ダイワ 掛けタイラバ!続編?

Pocket

ダイワ フィールドテスター 後迫さんからの

続編

掛け鯛ラバについて?

image

前回、鯛ラバの基本について書かせていただきましたが、今回は掛け鯛ラバについて書かせていただきます。先ずはメソッドを紹介する前に掛け鯛ラバの是非についてですが、これについては個人的に「是」だと思っています。

個人的にと書いたのは掛け鯛ラバについて「非」とするエリアや意見が多いためで、エリアの地形的な特徴や水深などを理解した上で個人的には有りだと思っているからです。

掛け鯛ラバについてメディア等でご紹介させていただくときに必ず聞かれるのがメリットとデメリットですが、これについて私は「デメリットは沢山ありますが、メリットは有りません」と答えています。

「では何故掛け鯛ラバを推奨しているのか」と聞かれますが、これについても私は「間違っても掛け鯛ラバを推奨していません」と答えます。

それでも私が掛け鯛ラバをする理由を挙げるとすれば、それは気持ち良いからです。そうなんです、掛け鯛ラバのメリットを挙げるとすれば唯一思い浮かぶのは「気持ち良い」ということだけなのです。

 

image

ではこの「気持ち良い」を具体的に説明したいのですが、感覚的なことは置いといて、魚釣りの醍醐味の一つに「魚信を感じて合わせる」が挙げられますよね、投げ釣り、磯釣り、船釣り、ルアー釣り、浮き釣りなど、どのジャンルにおいてもアタリを感じて合わせる瞬間はアドレナリンが放出するほど興奮しますし、合わせが決まった瞬間は気持ち良いですよね。鯛ラバであってもアタリを感じたら合わせたいですし、合わせて掛かれば気持ち良いのです。これは私の感覚的な問題なのですが、鯛ラバの釣果は私にとって「釣った真鯛」ではなく「釣れた真鯛」なのです。これを「釣った真鯛」と思える釣果にしたいのでアタリを感じたら積極的に掛けていきたいのです。

余談ですが、私は紅牙担当のテスターである前にライトゲームブランド月下美人の担当テスターでもありますので、メバリングやアジングなど繊細なアタリを感じて掛けることに最高の喜びを感じています。それゆえ、アクションもなく巻くだけの鯛ラバで、アタリを感じても巻き続けるだけという定番メソッドに我慢できないのです。

結果として私が楽しむ掛け鯛ラバの担当テスターになったのでした。話がそれましたが、デメリットについても書いておかなければなりません。

一部の地域で掛け鯛ラバを禁止しているエリアがあります。理由は掛け損じて真鯛を散らすからです。鯛ラバの基本はアタリがあっても合わせるな!ですが、それは無闇に合わせても掛からないからです。

掛からないだけなら良いのですが、掛け損じて驚いた真鯛に群れがついて逃げることを警戒する遊漁船組合がエリアでの掛け鯛ラバを禁止しているのです。これについては納得できますし、私もそのエリアでは合わせないようにしています。

水深のあるポイントでも掛け鯛ラバは不向きと言えます。理由は糸ふけの大さです。100mも水深があるようなポイントでは真っ直ぐ落としているつもりでも糸ふけはかなり出ています。それにより、目一杯合わせをいれてもフッキングさせる力が弱くなり、結果としてバレることが多くなります。潮流が早いところでも同様に難しいですし、どてら流しでもライン角度が調整しにくく食い込ませるのが難しいです。

まだまだデメリットはありますが、これ以上書くと掛け鯛ラバを全否定することになりますので割愛ささてください。

それでは掛け鯛ラバのメソッドについて…これについては次回の投稿で書かせていただきます。

facebook

saigai

saigai

『NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会』(略称:SSYK)

『NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会』(略称:SSYK)